売れない家はない!と言われているが、売れない家はどうしたらいい?

よく昔の不動産営業の人の中で「売れない家はない」と言われたりしていましたが、本当にそうでしょうか?購入希望者の人すべてに自分の物件の情報が届けば売れるかもしれませんが、なかなかそうは行かないのが現実です。なかなか売れずに悩んでいる売主はどうすれば良いのかについて紹介します。

なかなか売れないなら、原因を早めに特定する

売れない原因は何なのか、早めに特定しないとムダに時間がかかってしまいます。よく、売れない時にすぐに、需要と供給のバランスが悪い為に売れない、販売価格を需要に沿った価格にした方が良いという風な提案を不動産会社がしてくる事がありますが、この時点ですぐに価格が問題かどうかはわかりませんよね?

確かに、需要と供給のバランスは重要で、需要に合っていない販売価格が原因の一つとしても考えられます。ですが、それだけが理由とは言えません。まずは、価格なのか、販売方法なのか、物件なのか?どこに原因があるかを突き止めることが大切です。

販売価格に問題がある

上記で少し言いましたが、不動産売却は需要と供給のバランスで成立ったいるため、販売価格が需要と合っていなければ売れません。当たり前ですが、相場4200万円なのに5500万円で売っていたら売れませんよね。(可能性はゼロではありませんが)

相場や他の売り出し中の不動産の価格を確認して、売り出し価格が適正かどうかを確認してください。

販売方法に問題がある

不動産業者の販売方法に問題があるケースも考えられます。例えば、他の不動産を売る為にまわし物件として利用している場合です。もし内覧などして買う気がなさそうな方がいたり、明らかに反応がないお客さんがいたら、不動産会社にとりあえず連れてこられて内覧した可能性があります。まわし物件は他に売りたい物件がある場合、先に売りたい物件よりも劣る物件を見せておくことで後で見た物件の印象を上げ、購入に結びつける為に使います。不動産会社は売れないことをわかった上で当て馬として利用しています。

まわし(当て馬)物件に利用された場合、当然、お客さんは後で見た物件の方に興味を持つので売主の物件が売れる事はありません。

また、あってはいけない事ではありますが、家を売る 注意点として不動産業者によっては販促活動で力をほとんどいれていない事があります。通常、媒介契約で専任媒介、専属専任媒介契約を結ぶと、売主に対して営業活動の報告義務があるのですが、きちんと報告を受けているか?もし受けていない場合や、受けていても報告書とは言えないような内容であるなら、少し業者を疑った方が良いかもしれません。不動産売却は業者がいかにして動いてくれるかにかかっています。もしも信用できないと感じるのなら、別の業者に変更することも考えておいた方が良いでしょう。変更を匂わせておくと動くようになったりもしますが...。

まわし物件について

建物の問題

建物に問題がある事もあり、例えば、キレイに片付いてない、水回りが汚い、掃除できていなくて、見れない部屋がある、など売却しているのに商品になっていない場合、売れない可能性が高くなってしまいます。

当たり前の事ですが、汚い家を買いたいと思いますか?特に女性であれば水回りが汚い家を買いたいとは思いませんよね?程度にもよりますが、不動産会社と相談した上で、これは少しリフォームしないと売るのが難しいという判断になれば、部分的にリフォームして売り出すなど検討した方が良いでしょう。例えば、買い手となる人がどのような方かにもよりますが、壁紙が汚れて印象が悪いなら、予算との兼ね合いもありますが壁紙だけ張替えしておくなどしても良いでしょう。

また、売れない原因が自分にある場合もあります。内覧の際にはお客さんと対面するのですが、その際に売主の印象が悪くなってしまい売れない事があります。色々と家について説明したりはしますが、あくまで商品ですので、買い手にとって良い情報を伝えてあげないと、独りよがりで説明していても逆効果になったりします。会話の流れで説明していくのが良いかと思います。出来るなら、女性が対応した方が上手くいく傾向があります。

まとめ

なかなか売れない場合は、どのような販売方法を用いて効果があったのかなかったのか?内覧があったのに成約に至らなかったなら、その理由は何なのか?など、考えられる部分は沢山あります。価格、販売方法、建物なのか?早めに見つけて対処しなければいけません。売主によっては売却期間に制限がある人、期間が短くなってきている方もいます、時間がなくなってしまうと買主を新しく探す期間がなくなり、値下げしてでも売る状況になってしまいます。後悔した売却にならない様にする為にも、価格が問題なら適正な価格にする、販売方法が問題で業者を信用できないなら変更を考える、建物自体が問題なら、相談の上リフォームを検討するなど、早めに動く事が大切です。

売れない家を売るには

COPYRIGHT© 2014 売れない家を売る ALL RIGHTS RESERVED.